キャンプファイヤー

no-image

焚き火を囲んで行われる行事であり、集い・儀式的な要素を持つものを指します。キャンプファイヤー起源は、火の神への崇拝。そのため、料理や動物避けのための焚き火(単にキャンプで焚かれるというだけの火)は、キャンプファイヤーとは呼びません。しかしながら、現代では儀式的な要素より、自然の中で火を囲んで仲間と楽しむなど親睦を深める意味合いで行われることが多い行事になっています。