hinataレンタル

耐水圧

no-image

生地に染み込もうとする水の力を抑える性能の数値。1000mm前後が基準と言われていますが、数値が大きいほど強い雨に耐えられます。(ちなみに、一般的なナイロン傘の耐水圧は250mm程度)高湿多雨の日本では高い耐水圧と、湿度を溜めないための通気性や換気性能を高次元で実現したテントが求められ、ベンチレーションという空気の通り道が備わっているテントなど、通気性に対して工夫が施されているものもあります。